初心者でも働ける貿易事務~事前に学んでおくのがおすすめ~

最新記事一覧

英語力は必要

PCを操作する人

スキルが重要

貿易事務はその名の通り、貿易に関する事務仕事のことです。貿易に関する仕事は主に商社やメーカーなどで発生しますが、海外との取引がある会社ならばある程度発生する仕事でもあります。活躍の場は思いのほか多く、ステップアップしていくことも可能な仕事です。貿易事務は海外とのやり取りが必要という特徴上、英語力が必要な仕事です。電話でのやり取りや直接交渉など、話したり聞いたりするスキルが必要なこともありますが、基本はメールや文書でのやり取りとなるので読んだり書いたりするスキルの方が必要となります。正社員の場合はより幅広いスキルが必要となり、派遣社員やパート、アルバイト社員の場合は限定的なスキルと仕事内容ですむことが大半です。貿易事務の仕事は経験者であることを求められる場合も多いのですが、未経験OKという求人も全体の三分の一から半分弱ほどあります。ただ事務経験はあることが前提となっていることが多いので注意しなければなりません。また最低限のパソコンスキルは必要なことが多いので、パソコンスキルに不安がある場合は事前に学んでおくのがおすすめです。英語力も、TOEIC600点ほどあると有利になるので、事前に勉強しておくべきでしょう。働きながら学ぶこともできなくはないですが、最初に学んでおくと働きはじめがスムーズです。貿易事務は派遣社員として働く人も多いのですが、その場合は貿易事務に特化した研修があることが多いので、積極的に活用していきましょう。知識をいれておくだけで働きやすくなります。

オススメ記事

Copyright© 2018 初心者でも働ける貿易事務~事前に学んでおくのがおすすめ~ All Rights Reserved.